九重連山のすそ野、飯田高原に誕生した本格的なクロスカントリーコースです。
飯田高原は1960年代頃からトップアスリートたちの練習地として活用され、1968年メキシコ・オリンピック男子マラソン代表の佐々木精一郎氏を始めとし、 ロンドン・オリンピック男子マラソン代表の中本健太郎選手など数多くの有名選手が育ってまいりました。

一周2500mの天然芝走路は、幅員が4〜5m、高低差が35mあり、タイムチェックや体調管理がし易い設計になっています。
コース内はロケーション抜群の草地帯と木立の中を走る林間帯とで構成され、適度なアップダウンが脚力を十分に鍛えてくれます。
また、標高900mに位置するコースは、高地トレーニングにも最適で、ウオーキングやセラピーロードとしてもご使用いただけます。
周辺には観光協会加盟の温泉・宿泊施設もたくさんあり、安心してご利用になれます。
 | HOME | コース紹介 | ご利用案内 | アクセス | お問合わせ | サイトポリシー |  リンク  |サイトマップ |
九重町観光協会 〒879-4801 大分県玖珠郡九重町大字右田714-28 Tel :0973-73-5505 Fax :0973-77-7676
copyright © 2012 kokonoe-machi kankou-kyoukai. all rights reserved.